快眠の為のおすすめ音楽を紹介

快眠の為のおすすめ音楽を紹介

音楽は心地よい睡眠につきたいときにおすすめです。
ただ何でも良いわけではなく快眠に良いおすすめな音楽があります。

次の曲は快眠のためのおすすめなものです。

「Houses/All Night」「Houses/Sleeping」「Houses/Smoke Signals」
「Bon Iver/Holocene」「Houses/Beginnings」「Houses/Big Light」

「Coldplay/Don’t Panic」「The Radio Dept./Domestic Scene」
「Rhye/Open」

また眠れるための音楽の聴き方もあります。
リラックスできる曲をただ聴くよりも正しい聴き方をすることで、もっとリラックス効果が高まります。

音量は小さいと感じる大きさにします。
ボーカルの音が聞き取れるか聞き取れないぐらいの音量が良いです。
大きな音量だと心身への刺激になって、リラックスが出来なくなります。

時間も重要なポイントで睡眠前の30分から1時間前に聞くと効果的で、曲を聴くことでリラックス感が得られますが1日で蓄積した疲れやストレスをリセットするにはこのぐらいの時間が最低限は必要です。

睡眠の30分から1時間前に聴き始めてから、それから眠るという行動を習慣づけます。
これは条件反射を利用したものでいつもの時間に曲が流れて、一定の時間聴くと眠くなって就寝するという流れを身体に染みこませていきます。

いつものように曲が流れはじめると脳が睡眠に向けて自然とリラックスするようになります。
1曲目はいつも同じ音楽にすると眠る準備が始まったと反射的に体が眠る準備になります。

また睡眠に適している曲でも、布団の中で聴きながら眠るのは1時間までです。
ずっと音を流すと耳にその情報が入り続けてしまい、深い眠りの妨げになります。

曲の切れるタイミングは寝付くまでが理想的ですが、寝付くと自分で曲を消すことが出来ないので自働タイマーを使うのが良いです。
寝付くまでの時間を考えると大体30分から1時間くらいでタイマーをセットするのがお勧めです。

睡眠に効果的な曲は自分が気に入っているものほど、リラックス感も高くなります。
紹介したおすすめの曲以外にも、自分が気にいったものを探すと良いです。

探すときには次のようなポイントがあります。
スピード感がある曲よりもゆったりとした曲の方が快眠にはおすすめで、ビートが速いとアップテンポでノリが良い印象の曲になります。

眠っているときは心拍数が下がるので、睡眠前に心拍数を下げて安定させるためにもビートの遅い曲が良いです。
時報のリズムは1分間60回なので、そのリズムを基準にしてBPM60から70(Beat Par Minutes=1分間に60回から70回のビート)くらいの曲を選ぶと良いです。

あと低い声は聴いている人に安心感を与えます。
低い声を聴いていると眠くなることがありますが、逆に甲高い声やしゃうとが入っていると睡眠の妨げになって耳にも負担になります。

女性よりも男性の声の方が低いので男性ボーカルの方がリラックス感があります。

曲調もサビがはっきりしているものではなくて、単調な物が良いです。
イントロがゆっくりでもAメロやBメロ、サビなどが曲調が大きく変化すると脳が興奮してしまいます。

これは無意識に曲の展開についていこうと脳が働くためです。
脳が抵抗なくリラックスして聴くためには展開がゆるやかな曲が大切です。

日本語だと歌詞の意味を考えたり、言葉を追うことになるので歌詞の言葉がわからない外国語の方がおすすめです。
睡眠の前なので出来る限り脳を使うような情報は取りいれないようにすることも重要です。

人の脳波は起きている時と寝ている時、感情が高ぶっている時はそれぞれ違います。
脳波を心身ともにリラックスした状態に変えるのに有効で、リラックス中の脳波はα波と呼ばれまていますが、曲を聴くことで脳波もα波に変ります。

条件反射を使うことでスムーズに眠りへと導けます。
条件反射は曲を使うことで体にも染みこみやすくて、気軽に取り入れやすいです。

逆に眠る前にやってはいけないこともあります。
パソコンやスマホは画面から出ているブルーライトが睡眠を妨げます。

また情報なども睡眠を妨げる原因の一つになります。
ぼんやりとメールやブログなどを眺めている時だとリラックスしているように感じますが、実は脳は興奮状態になっています。
またテレビなども寝る前は避けた方が良いです。

飲酒は体内ではアルコールの分解が行われて、活発に活動しているときに働く交感神経が優位になります。
飲酒から3時間後にアルコールの分解が活発化されるので、眠りは浅くなり目も覚めやすいです。

飲酒すると一時的には眠くなってストレス解消になりますが、飲み過ぎは要注意です。

軽いストレッチは心身のリラックス効果が期待出来ますが、筋トレなどの激しい運動は避けた方が良いです。
睡眠中は体温が下がるので、体温が高くなると眠れなくなってしまいます。