快眠に役立つアプリを紹介

快眠に役立つアプリを紹介
理想的な睡眠時間は8時間と言われていますが、その根拠については医学的根拠があるわけではなく、寧ろ8時間より少ない6時間30分から7時間30分の睡眠時間の方が長寿の人が多いというデータも発表されています。

こういった事からも睡眠時間は必ずしも長ければ良いというわけではなく、個人差はありますが、日中眠気に襲われずしっかり活動できるほどの睡眠時間が確保されていれば、仮に3時間から4時間程度だとしても特に問題ないと言えます。

ただ、日本人は働き盛りの年代を筆頭に平均睡眠時間が減少している傾向にあるので、少ない睡眠時間でも「心地よい眠気」・「スムーズな入眠」・「起床後の目覚めの良さや満足感」が得られる快眠が重要になると言えます。

おすすめのスマホアプリ

そんな中、「スマートフォンの快眠アプリで熟睡できるようになった」という人が続出しているため話題を集めています。

スマートフォンの快眠アプリはダウンロードした当日からすぐに使えますし、バリエーションも豊富で様々な機能を搭載したものが無料・有料であるので、「近頃熟睡できてない」という人は一度試してみる価値があるかもしれません。

例えば世界中で800万人もの人達に愛用されているソフトウェアがありますが、このソフトウェアは川や波の音・風や鳥の音などといった50種類の環境音が収録されているのが特徴的であり、これらの環境音によってリラックス効果が期待できるので質の良い睡眠に導くというものです。

このソフトウェアはユーザーの平均評価が非常に高く、快眠効果を実感しているカスタマーレビューも多く見られますし、睡眠に対する効果だけではなく「リラックスしたい時や集中したい時にもよい」などといったレビューも多く見られます。

このソフトウェアに収録されている環境音は自分で好きなように音を組み合わせて、自分だけのお気に入りプレイリストを作成する事も出来るので、毎日同じ音ばっかりで飽きてしまうという心配もありません。

ただ、そういった音を組み合わせるのが苦手という人もいるかもしれませんが、このソフトウェアには環境音がイメージできるプリセットがいくつか用意されているので、プリセットを自分のお好みに調整したり、プリセットを参考に自分好みのプレイリストを作成するのも良いかもしれません。

このソフトウェアにはこれら以外にも環境音一つ一つの音量を細かく調整する機能がありますし、イヤフォン使用時にはヒーリング効果があるとされる「バイノーラルビート」機能も搭載されています。

バイノーラルビートは微妙な周波数の違いにより生じるうねりを利用したもので、実際に脳波レベルでヒーリング効果を検証した研究データも発表されています。

これらの機能が搭載されたこのソフトウェアは基本的にすべて無料で利用する事ができますが、再生できる音数をもっと増やしたいという方には有料版も用意されています。
この他にも快眠アプリの中には「起きるタイミング」に着目して作られたものもあります。

起床時にスッキリとした目覚めにするためにはレム睡眠の時に起きる必要がありますが、このソフトウェアはユーザーのレム睡眠を察知してアラーム音を鳴らす機能が搭載されているので、起床予定時刻をセットするだけで爽快な目覚めが得られるというわけです。

さらに、このソフトウェアには睡眠時間・中途覚醒・睡眠効率・眠りの深さ・寝付きの5項目をグラフでまとめてチェックできる機能も搭載されているので、自分の眠りの質を総合的に知る事ができますし、いびきや寝言など就寝時に発せられた音を録音する機能も搭載されているので、自分の眠りについて詳しく知りたい人に最適なソフトウェアだと言えます。

就寝中の音や体の動きなどから睡眠を分析して睡眠の質を改善するタイプのアプリはたくさんありますが、こういったソフトウェアは自分の睡眠データを管理して徹底的に眠りの質を改善したい人に向いていると言えます。

また、アプリの中には心身ともにリラックスできる事から不眠解消や睡眠の質の向上に良いとされるヨガが簡単に体験できるというソフトウェアなどもあります。

このソフトウェアは布団やベッドの上に寝転がったままの状態でできるヨガを体験できるのですが、人気のヨガインストラクターがわかりやすくやり方を説明してくれるので、ガイドに従ってプログラムをこなすだけで良いので簡単です。

そのため、カスタマーレビューでは「ヨガに取り組んでいる最中にそのまま寝てしまった」という人も多く見られます。

このソフトウェアには有料版のプログラムもありますが、無料でも14分間ある基本的なプログラムには取り組む事ができるので、違うプログラムにも興味が出たら有料版を試すというのも良いかもしれません。

このように快眠アプリにはたくさん種類がありますから、自分に合ったものを探すのが良いでしょうが、睡眠の質を向上させるためには眠りを妨げる行為を避けたり睡眠環境を整えてあげる事も大切です。