無呼吸症候群の原因とは? 対策方法はあるのか!?

無呼吸症候群の原因とは? 対策方法はあるのか!?

睡眠時無呼吸症候群の定義と原因とは

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まる病気です。

その定義は、
・10秒以上の無呼吸
・無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上
・1時間あたり5回以上の無呼吸
です。

一般的に肥満体型に多い病気と言われていますが、身体的なことで原因を見てみると、
•首が短く、太い
•首周りに脂肪が多い
•小顔
•下顎が小さくすぼまっている
•下あごが後方に引っ込んでいる
•舌が太い
•舌の付け根が大きい
などの特徴が挙げられます。

これを見ると、太っているだけではなく、アコが小さく小顔の方なども可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群の対策

対策は空気の通り道が脂肪や舌などで塞がれることが原因になります。
体の構造上の問題ですが、脂肪は痩せることで、治ってしまうことも多く、ダイエットが功を奏す事もあります。

また、毎日の生活習慣にも原因が潜んでいて、
•愛煙家
•飲酒の習慣があり、特に寝る前には必ず飲む
•暴飲暴食
•肥満体型
•生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症)
などの生活をしている方は、肉付きに関係なく、症状が出る可能性が大きいです。

対策として、お酒の場合、体はリラックスしているかもしれませんが、筋肉が緩んで、舌などが口の中でだらりと下がります。
空気の通り道を塞いでしまうことが原因になります。
タバコは、気道に炎症を起こす事になり、狭めます。

睡眠中に息をしていないのは、自分では気がつかないことです。
具体的な症状としては、
・いびきをかく
太っていたり、お酒を飲んだとき、鼻が詰まっているときには、よくあることです。
ですから、いびき=無呼吸症候群と結びつけるのは難しいです。

・いびきと大きな呼吸と再びいびきが繰り返す
いびきが止まって、すぐに大きな呼吸をするのが特徴です。
そして、再び大きないびきが続きます。

・呼吸が止まる
ピタッと呼吸が止まるのがわかります。
数秒なのですが、そばで見ているとよくわかります。

・呼吸が乱れる、息苦しさを感じたり、むせる
この時点で、どうした?と声をかけたくなるような息遣いになります。

・眠りが浅い
トイレに何回も起きるのですが、これもお酒を飲んだ後や高齢者になると仕方ないと思い、無呼吸症候群が潜んでいるとは気が付かないことがあります。
・寝汗をかく
普段かかない寝汗をかき始めることがあります。

そして、無呼吸症候群は起きたときにもいつもとは違う変化があります。
・口が渇いている
・ズキズキする頭痛がある
・スッキリしていない
・寝た気がしない
・身体が重い
最近疲れているから、と片付けてしまうことがありますが、体はきちんと休まっていません。

そして、無呼吸症候群は、昼間も様々な弊害が出てきて、ときには日常生活が出来ない事もあります。
・強い眠気
車の運転などはとても危険なくらい眠気があります。

・だるさ、倦怠感
疲れているのは当然なのです。
熟睡できない期間が長くなると、自分は深刻な病気ではないかと疑ってしまう場合もあるくらいです。

・集中力が続かない
この頃何をやっても集中しないと感じる事もあります。

・疲労感が慢性化
何をしても疲れる状態が続きます。

自分は疲れているから仕方ないと思うのではなく、どうしたもおかしいと思うときには、病院に行き、一晩機械をつけることで、どのような睡眠をしているかがわかります。
また、家族がいる場合は、睡眠の様子を確認してもらうと良いです。
呼吸をしていないのは、すぐにわかります。

人は寝ている間は、規則正しく肺が動きます。
ところが呼吸をしていないと、それがなくなってしまうので、素人でも判断することができます。
強制的に横向きに寝ることで、呼吸が止まることもありません。
少し乱暴な方法ですが、起きているときに異常な眠気などがある場合、医師に相談に行くまでの対処になります。

人間は生きている限り、無呼吸であることは絶対にありません。
呼吸をしないということは、脳に酸素がいかない状態です。
毎晩少しずつでもそんな状況が続くことで、重大な病気のきっかけになることもあります。
また、治療の最初の段階として、肥満の方は痩せなさいと言われます。
それはそのまま生活習慣病の改善と予防になることですから、健康にも気をつけることになります。

現在社会では、ストレスや疲労などで眠りの質が良くない状態になることもあります。
睡眠薬や睡眠導入剤なども市販されていますが、無呼吸症候群の場合、このような薬は返って逆効果になります。
ですから、このような薬でゆっくり休みたいのも理解できることですが、必ず医師に処方してもらったものを服用しましょう。

たまたまいびきをかいた、たまたま疲れが取れないという程度ならあまり心配はありません。
しかし、定期的に無呼吸になったり、この頃肥満になってきた、深酒が多い、生活習慣病の方の場合は、医師に相談されることをオススメします。
あまり軽く考えない方が良い深刻な病気の一つです。
ご家族で、危ない方がいる場合でも、必ず医師に相談されるよう助言してみてください。