睡眠時無呼吸症候群で呼吸が止まらないようにする対策方法を紹介

無呼吸症候群で呼吸が止まらないようにする対策方法を紹介

寝ている時に呼吸が止まってしまう病気のことを「睡眠時無呼吸症候群」といいます。

医学的には、呼吸が10秒以上止まっている状態のことを無呼吸といい、7時間の睡眠中に30回以上または睡眠時間1時間あたり平均して5回以上止まっているとこの病気に当てはまります。

この病気の主な症状としては、激しいイビキが挙げられます。息が止まっている時にはイビキも止まり、息をし始めると激しいイビキが始まるという特徴があります。

また、睡眠中に何度も起きてしまうため寝ているように見えても熟睡することができないため、日中に強い眠気に襲われたり、集中力や記憶力が低下することで作業効率も低下していき、疲労が回復できず、頭痛やイライラなどの症状も現れてしまいます。

睡眠に影響してしまうため、眠りが浅くなったりホルモンの分泌も乱れがちになってしまいます。眠りが浅くなるために夜間にトイレに行く回数も増えます。

酸素不足になてしまうため、体が心拍数を上げることで酸素を補おうとします。これを繰り返すことで心拍数や血圧の上昇が夜中に何度も繰り返され、それが毎日続いていきます。すると高血圧や不整脈、心不全や糖尿病などの生活習慣病のリスクも高まってしまいます。

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群の原因は「閉塞性」と「中枢性」に分けられます。だいたいの症状が閉塞性が原因で、空気の通り道である上気道がふさがってしまうことで引き起こされます。顎や顔面の骨格のバランスが悪かったり、肥満によって顎の脂肪、扁桃腺が大きく気道が狭いことなどによって発症します。

つまり空気が通りにくくなることで激しいイビキになってしまうのです。

中枢性は脳からの指令が一時的に途絶えるためだとされています。上気道には問題がないことからイビキがないのが特徴となります。

一般的な人では稀な病気ですが、心不全や脳卒中などの重度の病気があると発症しやすく注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群の治療

治療する場合には、中枢性の場合には循環器系の病気が疑われるため原因となっている病気を治療していきます。その他、運動や食事、生活習慣指導や心臓のリハビリ、在宅酸素療法などが行われます。

閉塞性が原因の場合には、まずは減量が欠かせないものです。気道が狭くなってしまう脂肪を減らして、睡眠の質を悪くしてしまう喫煙やアルコールなどは避けるようにしていきます。特にアルコールは睡眠中に喉の筋肉を緩めてしまうため上気道が塞がれやすくなることから就寝前には控えるようにします。

扁桃腺が大きかったりする場合には、外科手術が行われることもあります。骨格が問題で鼻がつまっているという人は、口を開けて寝ていることもありそれが気道が狭くなることがあるため、そのときには鼻づまりを治療することで症状が軽減されるあるため、そこもしっかり治療していきます。

睡眠時無呼吸症候群の自分でできる対策

病院での治療以外でも自分でできる対策も多くあります。

アルコールの摂取を控えるのも対策の一つですが、どうしても飲みたいという場合には就寝の4時間前には飲酒をしないようにします。

また、仰向けで寝ていると気道が圧迫されてしまい症状が出やすいとされています。そのため寝る場合には横向きで寝るなどの工夫がオススメです。

うつ伏せに寝てしまうと寝違えてしまうこともあるため、肩こりがひどいという場合には避ける方が無難となります。

普段の呼吸も意識することも必要です。口で息をしていると気道が狭くなってしまいリスクが高まってしまうことから、普段から口ではなく鼻で息をすることを意識して行うようにしていきます。

部屋が乾燥しているとどうしても鼻や喉が炎症しやすくなってしまい、鼻づまりも起きやすくなります。それを防ぐためにも寝室の湿度を50〜60パーセントほどに保つことも大切です。

室温は夏が25℃、冬は18℃程度が快適に過ごせる温度になります。特に冬は空気が乾燥しやすいため適切な室温を維持することを意識していきます。加湿器を置いたり、濡らしたバスタオルをハンガーにかける、コップに水を入れておく、観葉植物を置いておくことなどが良いとされています。

予防グッズ

他にもならないための予防グッズを使うことも効果的です。

寝ているときのイビキが気になる場合や鼻づまりの人が使う鼻腔拡張テープは、空気を通りやすくすることができるため睡眠時無呼吸症候群の対策にも有効なグッズになります。

口を開けたまま寝ているという人は、いびき防止用のマスクが良いとされています。

病院や歯科医院の治療として使われるマウスピースも効果的ですが、市販品としても購入でき自分の歯の形に合わせて装着することも可能です。

仰向けに寝ているとリスクが高まるため、横向きに寝るのが良いですが横向き用の枕を使うことで役に横向きで眠ることができるようになっています。

様々な原因によって引き起こされる病気ですが、ダイエットや生活習慣を見直すこと、グッズなどを使って十分に対策することができます。

健康のためにもしっかり対策していくことが大切です。