睡眠時無呼吸症候群の治療はどんな方法がある?

無呼吸症候群の治療
睡眠時無呼吸症候群の治療には、症状を緩和させる対処療法と根本的に原因を取り除く根治療法があり、症状や状態に合わせて最適な方法を選ぶことになります。

ここでは睡眠時無呼吸症候群の治療について紹介していきます。

睡眠時無呼吸症候群の治療の流れ

まずは、検査を受けることになります。検査には、健康保険が適用されますが、高血圧や糖尿病、心不全、不整脈などの合併症についても合わせて検査する場合などは、医療機関によっては、入院費や差額ベッド代などが必要になることもあります。

そのため、検査終了までにどの程度の費用が必要になるかは受診する医療機関にあらかじめ問い合わせておくと安心です。検査では、問診から始まり、自覚症状や生活状況についてを医師に伝えることになります。

問診の結果、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、具体的な検査を受けることになります。自宅で普段通りに寝ながらできる検査から専門施設に入院して検査をうけるケースまであります。

基本的には、自宅で受ける検査から始めることがほとんどです。自宅での検査では、検査機器を使って、手の指や鼻の下にセンサーをつけて調べることになります。睡眠時無呼吸症候群と診断された場合には、健康保険が適用になります。

CPAP療法

欧米や日本国内で最も普及している治療方法としてCPAP療法があります。CPAP療法は、日本語で経鼻的持続陽圧呼吸療法と呼ばれ、閉塞性睡眠時無呼吸タイプに対して有効だとされています。

CPAP療法の原理は、睡眠時の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けることで気道を開存させておくことです。そのため、鼻にマスクを装着し、装置からエアチューブを伝って気道へと空気が送り込まれます。

鼻にマスクをつけることになりますが、医療機関で適切に設定された機器であり、鼻マスクを正しく装着できていれば鼻マスクをつけて空気が送られてくる状況であっても眠ることができます。

機器の設定や鼻マスクの正しい装着が重要なポイントとなるため、医療機関に一泊入院を行い、機器設定などを行うこともあります。毎日続けることになるため、使い方が分からない場合には、コツがつかめるようになるまで主治医や医療機関のスタッフに相談した方が安心です。

CPAP療法は、保険で受けることができるため、定期的な医療機関への受診が必要になります。特に治療開始間もないころであれば、不安や疑問などもあるため、定期的な受診をおこない医師へ直接相談し解決したほうがより快適に過ごすことができます。

定期的な受診では、体調変化やその効果なども医師と確認することができるため、その後のCPAP療法にも役立ちます。

より快適にCPAP療法を続けるためには、我慢したり独断で中止するのではなく、主治医と相談して正しく対処することです。空気の圧力に慣れずに眠れない場合などには、装置に必要な圧力を供給するまでの時間を遅らせる機能がついているため、主治医と相談して供給するまでの時間を遅らせてみるなど対処することです。

アレルギーや花粉症などにより鼻の通りが悪くなっていたり、鼻や喉が渇いてしまう場合には、薬でコントロールしたり、加湿器などを使って湿度調整することになります。口を閉じた状態で眠るためのバンドもあるため、まずは主治医に相談してみることです。

マウスピースやスリープスプリントでの治療

軽度な症状であれば、歯科装具を使う場合があります。歯科装具は、マウスピースやスリープスプリントとも呼ばれています。下あごを上あごよりも前方に出すように固定させ、上気道を広く保つことで、いびきや無呼吸の発生を防ぎます。

作成には、睡眠時無呼吸症候群についての知識があり、マウスピースなどの口腔内装置を作りなれている専門の歯科医に依頼することが適しています。マウスピースをつけて寝るだけですが、中東省までの閉塞性睡眠時無呼吸タイプであれば比較的効果が見られやすいとされていますが、重症の場合は、思ったよりも効果が見られないことがあります。そのため、重症度を把握したうえで主治医とよく相談する必要があります。

睡眠時無呼吸症候群の手術

根治療法には、外科的手術を行うこともあります。小児の多くや成人の一部やアデノイドや扁桃肥大が原因で睡眠時無呼吸症候群になっている場合には、摘出手術を受けることが有効な場合があります。軟口蓋の一部を切除する手術方もありますが、効果が不十分な場合や数年後に手術を受けた部位が瘢痕化して再発してしまうこともあります。

治療と合わせて生活習慣の改善をしなければ効果が半減してしまうこともあります。まずは、適正体重の維持です。どんな病気であっても太りすぎないことは重要なポイントです。特に、睡眠時無呼吸症候群の場合は、喉や首周りの脂肪沈着が発症に大きく影響を与えています。

あごの大きさによっては、体重増加が少しであっても発症することになります。また、寝る姿勢にも工夫が必要です。仰向けで寝るよりも横向きで寝た方が上気道の閉塞を軽減できることがあります。横向きで寝られる工夫として抱き枕を使ってみるなど寝る姿勢にも注意します。