*

睡眠時無呼吸症候群を患っている人におすすめなのは、睡眠時に快適に呼吸ができる対策グッズです。睡眠時無呼吸症候群は、どのようなメカニズムでそのような症状になってしまったのかをきちんと理解するとそれほど難しい症状ではありません。

改善するためのグッズは多くありますし、実際に利用することで症状が勝る人は病院に行かなくても治療ができるので、まずはそうした対策グッズを利用することが大切です。

基本的に、睡眠時に無呼吸になってしまうのは睡眠時に気道の確保をきちんと行うことができないことに原因があります。酸素を吸うと口の中から気道を通って肺に到達することになりますので、気道がきちんと確保されていないと呼吸をすることができなくなって空気を取り入れることができなくなります。

顎を固定するためのサポーター・マウスピース

顎を固定する
こうなってしまう一般的な原因としては、体質的な問題として呼吸を取り入れづらい骨格や脂肪の付き方をしていることが挙げられます。特に、日本人はそのような傾向が強く、その部分を対策グッズで改善すれば自然と無呼吸の症状を治すことができるようになります。

例えば、顎を固定するためのサポーターを購入することです。人間は、肉体の構造上において下あごが上あごよりも出ている方が気道を確保しやすいようになっていますので、グッズを利用して顎を固定して、少しでも良いので下あごと上あごの距離を無くすようにすれば自然と無呼吸の症状を改善できるようになります。

下あごが上あごよりも前に来るとより気道を大きくできるため、無理をしない程度にサポーターで顎を矯正することが重要です。実際に、こうした顎を固定して気道を改善する方法はクリニックでも有効活用されています。

クリニックで改善する際には顎を固定するサポーターではなく、自然と下あごを上あごよりも前に行くようにするためにマウスピースを利用します。顎を固定するグッズでうまくいかないときにはクリニックでこうした手段を利用できるので選択肢は一つではありません。自身にあった矯正方法を選択して無呼吸を治療することができるのです。

睡眠時無呼吸症候群・いびき対策用の枕

もう一つ、気道を確保するための簡易的なグッズとして枕が存在します。これは、枕を横にして誰でも自然と横向きに寝ることができるようにしている製品です。

人間の軌道は、上向きに寝ているよりも横向きに寝ている方が気道を確保しやすい傾向にありますので、日ごろからあおむけになって寝る習慣がある人は自然と睡眠時無呼吸症候群を発症させやすい環境を作っています。

中には、横向きに寝ることに抵抗がある人もいますが、こうした対策グッズを利用すれば自然な形で横向きで寝ることができるようになりますので、安心して睡眠をすることが可能です。そもそも、上向きに寝ることは人間の構造上あまりよくありません。上向きに寝てしまうと、身体に力が抜けすぎてしまうので呼吸をする力も弱くなってしまいます。

全身の筋肉が弛緩して舌が喉の方に落ち込んでしまう舌根沈下も発生しますので、あおむけに寝ることは健康上もあまりよくないことを理解しておくことです。これは安眠の手助けにもなりますので覚えておくことが大切です。

鼻孔を広げる対策グッズ

気道自体に問題がない人のための対策グッズとしては、呼吸をスムースにできるように鼻孔を広げることができるグッズもあります。睡眠時無呼吸症候群を発症させている典型的な患者の特徴には、口で呼吸をしていることが挙げられます。睡眠中は意識的に呼吸をすることができませんので、口で呼吸をするということは日常生活の中でも口で呼吸をする機会がかなり多いことを意味します。

しかし、正しい呼吸法というのは鼻から息を吸って口から息を吐くことであるため、本来は睡眠中にこの状態で呼吸ができるように対策をしておかなくてはいけません。

例えば、上向けになって睡眠をしている人は舌が喉の方に落ち込んでいるわけですからこの時点で口からの呼吸をすることが困難になってしまっています。その上に睡眠中には口から呼吸をすることを優先的に行っているわけですから、自然な形で無呼吸という症状に陥ってしまっているケースも多いのです。

こうした症状を改善するためには、鼻からの空気量を多くして睡眠中も鼻から息を吸うことができる環境をきちんと作らなくてはいけません。鼻から息ができるようになるとたとえ舌根沈下で口から呼吸ができない状況であっても気道のスペースを確保することが可能になります。

中には間違った認識をしている人もいて、いびきを止めたり呼吸を大きくするために口から息をするように鼻にグリップをしたりする人もいますが、これは逆効果です。人間の自然な呼吸法は必ず鼻から息を吸うことですので、この基本中の基本を忘れてはいけません。

鼻呼吸にすることで一番効果があるのは、一般医療機器にも指定されているナステントです。ナステントは鼻からチューブを入れて物理的に気道を確保していびきを防ぎます。テレビでも多数紹介されていますし、土屋アンナさんがナステントのアンバサダーをつとめていることでも有名です。ナステントの口コミと価格や効果>についてはこちらのサイトがさんこうになります。

実際にいびき録音アプリでナステント装着時と、ナステントを使用していないときの音を聞くことが出来ますので、とても参考になります。また、最安値で購入する方法も紹介されています。

このように、市販の対策グッズの中にも睡眠時無呼吸症候群を抑えるためのおすすめの製品は数多く存在します。それらの製品の中から最も自身に適した製品を選択して利用することが重要になります。

無呼吸症候群に効果のある枕とは? おすすめまくらを紹介!

枕
睡眠というのは、日中に活動して疲労した脳と身体を休息させるために人間にとって絶対不可欠なものです。

つまり布団から出て重たい疲労感がある場合、睡眠ができているとは程遠い状態で、全日の疲労が抜けきれないままの休息ができていないということを指します。

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠と一言に言っても二種類あります。浅い睡眠であるレム睡眠というものは、脳の中で日中に得られた情報を整理しつつも、肉体の休息を行っている状態です。

深い眠りのノンレム睡眠は脳を休息させると同時に疲労回復のための成長ホルモンが分泌しています。

人間の睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠を交互に―時間半の間隔で行っています。それゆえに三十分くらいの睡眠では人間の身体が休息できないため、熟睡が必要になってくるということです。

睡眠時無呼吸症候群とは

しかし長い時間の睡眠を取れば良いというわけでもなく、良質でそれぞれの人に合った睡眠というものがあります。その質を考える際に、睡眠時無呼吸症候群によって長い間寝ているはずなのに快適な睡眠が取れていないという方がいます。

これは寝ている間に呼吸停止が繰り返され、酸素不足に陥るのですが、それを補うために身体は心拍数を上げます。その結果リラックスするはずの睡眠が覚醒状態となり、大きな負担をかけ、休息どころではないということです。

無呼吸症候群の恐ろしい点は本人が自覚しにくい点にあります。これを長いこと放置すると高血圧や心筋梗塞を招くと考えられており、非常に危険です。少しでも自覚症状を感じる場合は専門医に受診することをお勧めします。

睡眠時無呼吸症候群・いびきにおすすめの枕とは

そして無呼吸症候群の患者に多く見られたのが適切な枕を使用していないということです。そこで快適な熟睡のために枕を考えていく必要があります。

例えば女性はデザインを重視したり、クッションで代用している方もいるのではないでしょうか。しかしそれが理由で、慢性的な肩こりを発生させているかもしれません。

枕の高さが理想とされる高さよりも高いと、首が前に傾き、筋肉の緊張状態が続きます。材質が硬すぎたりして、逆に低すぎると、頭が安定せず血流が悪くなり、朝起きた時の頭痛の原因にもなります。

高さが合っていないということは首だけではなく、腰痛にもなる可能性があります。首というのは血管が集中し、重要な神経の集まる所で、首の位置を安定させ、負担をかけないことが睡眠にとって重要と言えます。

また、寝るときの姿勢も大事です。基本的に人間は仰向けに寝ると気道が塞がれていびきや無呼吸になりやすくなります。その為、うつぶせ寝や横向きで寝られる枕を使用するといびき対策に効果的です。

うつぶせ寝枕は日野原重明先生の開発した枕が有名ですが現在では販売されていません。横向き寝の枕は横向き寝専用の枕YOKONEがおすすめです。

睡眠時無呼吸症候群・いびきにおすすめの枕の選び方

枕の選び方で重要視するのは、前述したように高さですが、理想としては人が立っている姿勢と同じくらいのあごの位置を、寝ている状態でもできている場合が正しいとされます。

無呼吸症候群の場合は気道を確保できることが重要になり、実際に寝てみて呼吸をし判断するのが一番だと思います。しかしお店で買う際などは試すのは難しいと思いますので、もし高さが合わなかった場合はタオルやカバーなどで高さを調節し、自分の頭の高さを理想に合わせていきます。

次に重要なのは寝返りができるかどうかです。寝返りというのは人間にとってとても大切で、横向きの姿勢は楽なのですが維持し続けると身体の一部が圧迫され血行不良が起きてしまいます。身体の歪みの原因となり、熟睡ができない原因のひとつになります。

枕が柔らかすぎて頭が沈んでしまうと寝返りがしづらくなり、ある適度の硬さが必要です。逆に硬すぎると頭の位置の安定が悪くなり、無意識に首を支えようとして、首の筋肉の緊張が起きて、肩が慢性的にこります。

頭三つ分ぐらいの大きさがなければ寝返りもできないのでそれなりのサイズを選びます。お洒落だからといって小さいものを選ぶのは本当によくありません。

寝返りをうった時に頭が乗っかかっていれば良いのでそれ以上大きい必要はありません。おすすめを選ぶ時に大事なのは高級なものをわざわざ選ぶ必要はありません。

頭というのは重たく、それが一晩中転げ回るので、どんな素材であっても耐久力には限界があります。つまり買い換えることが前提となっているものであり、一生モノというのはありません。

しかし数回使ってすぐにへたってしまうような耐久力ではいけませんので、高さと硬さ、素材の通気性や吸湿性、肌触りなどのフィット感など総合的に考えると、そばがらの素材のものがおすすめです。

そばがらは水洗いができないので交換の頻度が高めになってしまうかもしれませんが、無呼吸症候群は早急にも対応しなくてはならない状態だと思います。多くの方に人気の高いそばがらは試す価値はあるのではないでしょうか。

ただしそばアレルギーなどをお持ちの方は絶対に避けたほうが良いです。また枕カバーなどを工夫することによって触感を変えることは簡単にできます。少しごつごつしているのが気になったりする場合はそういった工夫が可能です。

人によって大きな個人差が生まれるため、実際に試して考えていく必要がありますが、これを理想形に近づけることができれば、日々の健康につながるため意識を高く持ちたいところです。

Copyright© 睡眠時無呼吸症候群のおすすめ対策グッズを紹介 , 2017 AllRights Reserved.